ピロリ菌の主な検査方法について

ピロリ菌の感染率は衛生環境と深く関係がある指摘され、日本人の50代以上の70〜80%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。ピロリ菌の感染経路はまだはっきり解明されていませんが、経口感染が主な経路と考えられています。上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高く、先進国の中では日本は際立って高い感染率です(50歳以上)。しかし、衛生状態が改善された今日、若い世代の感染率は急速に低下しています。また感染していても、消化性潰瘍がかならず発症するとはかぎりません。試薬使用前と使用後の2つのパックを使いました。試薬は100ccの水に溶かして飲みます。副作用や安全性に問題もない薬とのことで、味も普通の水と変わりません。

ピロリ菌を殺す改善対策(除菌治療)は胃酸を抑える薬と抗生物質2種類の組み合わせを朝晩2回、7日間内服します(一次除菌)。その後約1ヶ月の間を空けてピロリ菌の検査を行い、うまく菌がいなくなったかどうかを判定します。約9割の方がこの治療で除菌に成功しますが、失敗した場合は抗生物質の組み合わせを変えて再度治療を行います(二次除菌)。二次除菌まで行うと 95%以上の方が成功します。更に抗生物質の組み合わせを変えて行う場合もありますが、この場合は健康保険が使えず、全額自己負担となります。

以下はピロリ菌の主な検査方法を集めて、一緒に見てみましょう!

■ 迅速ウレアーゼ法
迅速ウレアーゼ法はピロリ菌の一般的な検査方法です。ピロリ菌はウレアーゼという酵素を分泌し、尿素を分解します。内視鏡時に胃粘膜組織を採取して、ウレアーゼの反応を検査する検査です。20分程度で結果が判明し、高い特異性を有しています。 内視鏡検査当日にピロリ菌の診断をつけることが出来ます。除菌後には、サンプリングエラーのために偽陰性になる恐れがあります。

■ 鏡検法
胃粘膜の生検組織をHE(ヘマトキシリン-エオジン)染色あるいはギムザ染色により染色固定し、顕微鏡でピロリ菌の有無を観察する検査です。内視鏡検査後、1~2週間時間がかかってしまいます。除菌後には、サンプリングエラーのために偽陰性になる恐れがあります。

■ 培養法
胃粘膜の生検組織から、ピロリ菌を培養し有無を確認する検査です。内視鏡検査後、1~2週間時間がかかってしまいます。除菌後には、サンプリングエラーのために偽陰性になる恐れがあります。初めてピロリ菌について調べる方では、どの検査法でもほぼ正確に判定出来ます。ただ、除菌治療後の判定では、尿素呼気試験か検便検査法しか使えません(他の方法では偽陽性、偽陰性が多く出てしまいます)。

人気がある医薬品をおすすめ

アジー(ジスロマック)小児用

 

アジー(ジスロマック)小児用は、シプラ社が開発した様々な感染症や炎症に用いられるジスロマックのジェネリック医薬品です。

アジーの主成分であるアジスロマイシンは細菌のタンパク質の合成を阻害するはたらきがあるため、体内での増殖を抑えたり、高濃度では殺菌の作用ももたらします。

 

健康改善できる経口タイプ薬オススメ:バイアグラ・レビトラ・シアリス解説するWiki