ピロリ菌に感染する場合、どうすればいいですか?

ピロリ菌とは
ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌です。通常、胃には強い酸(胃酸)があることで細菌が住めないという認識がありますが、1983年に胃に存在している細菌が発見されました。それはピロリ菌です。ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍になる主な原因とされています。

ピロリ菌の感染経路
ピロリ菌の感染経路というと、口から入って感染することが多い、またピロリ菌に汚染された水を飲んだりすることによってピロリ菌に感染したり、家庭内にいるゴキブリがピロリ菌に感染したりすることもあります。経口感染の場合、夫婦や恋人間、親子間のキスなどでもピロリ菌にうつってしまうのではないかと心配する人がいますが、ピロリ菌はキスなどで簡単にうつるようなものではないと考えられています。ただ、小さい子供の場合は、ピロリ菌に感染しやすいので、食べ物を子供に口で移して与えるというようなことは避ける方が無難です。

ピロリ菌の改善対策
ピロリ菌の改善対策というと、内服治療が一般的です。初めての除菌では、胃酸の分泌をおさえるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と2種類の抗生物質を朝夕2回、7日間服用します。最近、ボノプラザンという胃酸分泌を抑える新しいタイプの胃薬が2種類の抗生物質と一緒に使うと、約90%の高い除菌の成功率を得ることができると認められています。