ピロリ菌の除菌方法と注意点

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌です。胃には強い酸(胃酸)があるため、昔から細菌はいないと考えられていましたが、その発見以来、さまざまな研究から、ピロリ菌が胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関っていることが明らかにされてきました。

1.ピロリ菌の除菌方法と費用

胃酸分泌抑制薬と抗生物質2種類の併用が一般的です。一次除菌と、抗生物質の種類を替えた二次除菌があり、医師の指示通り正しく内服を1週間継続できた方が、一次除菌を終えた段階でピロリ菌を除菌できた確率が70〜80%となることが報告されています。また、二次除菌を終えた段階で除菌できた確率は90〜95%になります。

ピロリ菌除菌費用は、保険適応疾患が『ヘリコバクターピロリ感染性胃炎』『胃十二指腸潰瘍』『胃MALTリンパ腫』『特発性血小板減少性紫斑病』『早期胃がん内視鏡治療後』の患者さんのみになっており、料金はおおよそ5千円〜1万円の除菌薬剤料金になります。

2.除菌中の副作用

軟便・下痢・味覚異常・発熱・アレルギー症状などがありますが、ほとんどが一過性で服薬中止後に改善がみられます。

いずれも軽度ではあるものの下血を伴う下痢、アレルギー症状の発疹・かゆみ・じんましんが発現した時には服用を中止し、医師に相談するようにいわれます。

3.ピロリ菌除菌時の注意事項

・薬をきちんと服用する

お薬を朝と夕飯後1日2回の服用を7日間連続で続けます。きちんと服用しないと除菌が失敗する可能性が高くなります。

・アルコールを飲まない

薬の中に胃酸を抑制するものが入っています。アルコールを飲むと胃酸が増えてしまって折角の薬の効果がなくなってしまいます。また、アルコールが肝臓をはじめとした内臓に負荷を与えてしまうこともあるので除菌中はアルコールの摂取を控えてください。

・体に異変が出たときは医師へ相談する

高熱や発疹、ひどい腹痛などがある場合は必ず医師に相談してください。

・4週間以上経過後、結果を必ず確認する

ピロリ菌の除菌後4週間以上経ってから内視鏡を使わない検査を再度行い、除菌が完全かを確認します。90%以上は除菌可能な治療ですが残念ながら数%は除菌できない場合があります。除菌できなかった場合は、薬剤を変更し除菌をする事になりますので、除菌後の結果確認は必ず行い、その後も継続して主治医の先生の指示に従いましょう。ちなみに、三次除菌以降は自費になるところが多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です